シーリング工事

シーリングは外壁材の繋ぎ目や建具とコンクリートの結合部にできる隙間を埋めるために使われる目地材です。その他にも高い弾力性や防水性を備えていますので、揺れや水の浸入を防ぐ役割を果たしています。

普段気にすることのない存在ですが、建物の耐久性を維持するには欠かせないものですので、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

このような場所に施工します

□コンクリートやモルタル材の塗り壁部分の繋ぎ目・ひび割れ
□外壁に使用しているサイディング材の繋ぎ目の劣化部分

近年の住宅の外壁にはサイディングが使われているため、繋ぎ目には必ずシーリングが使われています。そのため多くの場合、外壁塗装と同じタイミングでシーリング工事は行われています。
シーリングには多くの性質を持つため、お住まいの環境に合ったものを選んで施工いたします。

シーリング工事の種類

■打ち替え

既設のシーリングの箇所をすべて取り去って、新たにシーリング材を充填します。

■打ち増し

既設のシーリング材の上から新たにシーリング材を充填します。

打ち増しは一時的な処理で使われる工事で、より長く丈夫な仕上がりにするなら打ち替えをおすすめします。

外壁塗装、屋根塗装のことならPaint Works

【TEL】019-681-6134/090-6250-1473
※営業電話お断り
【所在地】岩手県盛岡市津志田15地割29-16 101号
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】盛岡市を中心に岩手県、宮城県、青森県、秋田県(その他エリアもご相談ください)

一覧ページに戻る